オレンジセキュアサービス株式会社

Windows11が起動しないブラックスクリーン(黒い画面にQRコード)の修復方法

黒い画面にQRコードのブラックスクリーンでWindows11が起動できません……

更新日 :
公開日 :

Windows11の電源を入れると、黒い画面にQRコードが表示されたブラックスクリーンになり起動できません。自動的に再起動し、今度は自動修復を準備していますがはじまり……、そのような感じで”黒い画面にQRコードが表示されたブラックスクリーン”と”自動修復を準備しています”を交互に繰り返します。

このようなWindows起動トラブルを直す方法はありますか?というご質問を受けることがありまして、今回はWindows11のブラックスクリーン(黒い画面にQRコード)が表示される原因とその修復方法がテーマになります。

ちなみに、Windows11の黒い画面にQRコードが表示されたブラックスクリーンは、Windowsに致命的エラーが発生した場合に表示される画面です。多くのケースはWindowsのエラーが原因ですが……パソコン部品のエラーが原因ということもあります。

そのようなこともありまして、今起きているWindows11ブラックスクリーン(黒い画面にQRコード)の原因が、パソコン部品のエラーなのか、それともWindows11のエラーなのかを切り分けながら修復していきます。

それではWindows11が起動しないブラックスクリーン(黒い画面にQRコード)の修復方法を注意点も含めてレポートします。

この記事を、 Twitterでツイートする | Facebookでシェアする | LINEに送る

*秋葉原で対面のパソコン修理をしておりまして、この記事は「パソコンが苦手な方でも安心してできるメンテナンス」を目指しています。ただ”黒い画面にQRコードのブラックスクリーン”は原因となる対象の範囲が広いため、難易度は高めかもしれません。難しいと感じる作業は無理に行わず、スキップしてください。

  1. Windows11ブラックスクリーン(黒い画面にQRコード)の原因
  2. Windows11が起動しないブラックスクリーン(黒い画面にQRコード)の修復方法
  3. 万が一、お困りの時は…
お問い合わせフォーム
電話番号は0358231870です
作者の齋藤実の顔写真

Author by

私は、パソコン修理を中心としたITサポートを秋葉原のオレンジセキュアサービス(2023年6月で15周年を迎えることができました)で行っております。この記事がトラブル解決に役立ったなら幸いです!

ITトラブルの現場をよく知る専門性を買われて、All About、Biz コンパス、ウイルスバスターチャンネルといった専門色の強い大手 WEB メディアでも活躍中。雑誌やラジオへ出演したこともあり。

Windows11ブラックスクリーン(黒い画面にQRコード)の原因

Windows11ブラックスクリーン(黒い画面にQRコード)の画像

Windows11の黒い画面にQRコードが表示されたブラックスクリーンは、Windows11のシステムが停止したり再起動が必要になるといった致命的なエラーが発生したことをうったえる、Windows11の代表的なエラー画面です。同じブラックスクリーンでも複数のパターンがあり、たとえば、エラーを起こしているプログラムを表示したり、エラーの現象(エラーコード)を表示したり、多少の違いがありますがブラックスクリーンでしたらWindows11の代表的なエラー画面です。

そして、Windows11ブラックスクリーンの主な原因ですが、Windows11のソフトウェア的なエラーが多いです。たとえば、Windows11ブラックスクリーンが表示されるのは、Windowsの起動開始時ではありません。Windowsの起動を表現するアニメーションのクルクルマークがある程度回転してから表示されます。そこまで動作できていますから、パソコン部品のエラーの可能性はグッと下がります。

ただ壊れかけみたいな、負荷の高い作業はエラーになるような隠れ故障みたいなときもありますので、パソコン部品のエラーの可能性も少なからずあります。

ちなみに、”CRITICAL_PROCESS_DIED”や”SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED”といったエラーコードは原因ですか?というご質問を受けることがあります。エラーコードはあくまでも現象を表しておりまして、原因ではなかったりします。同じエラーコードでも、Windows11のエラーの場合もありますし、パソコン部品のエラーもあります。

  • Windows11のエラー
  • パソコン部品のエラー

Windows11のエラー

ドライバーといったWindows11の重要なプログラムにエラーが起きています。ただプログラムは更新しなければ書き換わることがなく、使っているだけでエラーになることはありません。Windows11の重要なプログラムが書き換わるタイミングと言いますと、Windows Updateでして、パソコン修理で見てましても実際にWindowsエラーの多くはWindows Update失敗によるものが多いです(Windows Update失敗が原因のWindows起動トラブルは、当社の 修理実績ブログ でも数多くご紹介しております)。

ちなみに、ドライバーはWindowsだけではなく、インストール済みのソフトウェアが提供している場合もあります。たとえば、強力なドライバーといえばウイルス対策ソフトを思い浮かべますが、ウイルス対策ソフトのドライバーの更新に失敗してブラックスクリーンになることもあります。また、ウイルス対策ソフトの更新が切れて、古いバージョンのまま残っているドライバーが原因でブラックスクリーンになることもあります。

それとこちらは念のため可能性だけなのですが、ウイルスが原因ということもあるかもしれません。Windows11を破壊するようなウイルスは出回っていないため、かなり限られた話になります。しかし、もしフリーソフトやフリーゲーム、その他ソフトウェアをインストールされた後や、メールの添付ファイルを開いた後からWindows11ブラックスクリーンになった場合は、念のためウイルスかな?と注意されたほうが良いでしょう。

パソコン部品のエラー

パソコン部品は目には見えませんが電気で動いています。コンセントから外して休ませる放電だけでリセットされるような、今だけ誤作動しているトラブルもあります。パソコンの部品が誤作動していればソフトウェアは正常に動作できません。Windows11は正常に起動できず、ブラックスクリーンになります。

それとパソコン部品の故障が原因の場合もあります。特にメモリという部品の故障でブラックスクリーンになるときは、不安定と言いましょうか、毎回微妙に変化します。たとえば、毎回エラーコードが変わったりします。部品が故障している場合もWindows11は正常に動作できないため、ブラックスクリーンになります。

Windows11が起動しないブラックスクリーン(黒い画面にQRコード)の修復方法

この作業の概要について

コンセントから外して休ませる放電だけでリセットされるような、今だけ誤作動しているトラブルもありまして、パソコン部品のリセットから作業を開始してください。ちなみに、パソコン部品のリセットをしても改善しない場合の残る原因は、Windows11のエラーとパソコン部品の故障のどちらかに切り分けできます。

ここではWindows11のメンテナンスに回復ドライブを使っています。これは間違いのない作業でして、成功率を上げるためというのが根拠です。

Windows11のエラーを直す作業としまして、スタートアップ修復、コマンドプロンプト、更新プログラムのアンインストール、システムの復元があります。

ウイルスも含めまして、Windows11のエラーを無視して起動する方法に、Secure Bootのオフ、スタートアップ設定(ドライバー署名の強制を無効にする、起動時マルウェア対策を無効にする)があります。もしウイルスが原因だった場合は、その影響を受けてしまうかもしれません。フリーソフトやフリーゲーム、その他ソフトウェアをインストールされた後や、メールの添付ファイルを開いた後からWindows11ブラックスクリーンになった場合はこちらの作業を行わず、Windowsを初期化してください。

回復ドライブでの作業がエラーになる場合やここでご紹介する作業でも修復できない場合は、パソコン部品の故障の可能性もあります。パソコン修理に出されたり、新パソコンの購入が次の解決策になります。

それではWindows11が起動しないブラックスクリーン(黒い画面にQRコード)の修復方法をレポートします。すべてを作業する場合は最大で9時間(通常は2時間くらい)かかります。

  1. パソコン部品をリセットしてください。
  2. 回復ドライブを作成してください。
  3. BIOS設定でSecure Bootをオフにしてください。
  4. BitLocker回復キーを入手してください。
  5. 回復ドライブから起動してください。
  6. 回復ドライブのスタートアップ修復を実行してください。
  7. 回復ドライブのコマンドプロンプトを実行してください。
  8. スタートアップ設定のドライバー署名の強制を無効にするを実行してください。
  9. スタートアップ設定の起動時マルウェア対策を無効にするを実行してください。
  10. 回復ドライブの更新プログラムのアンインストールを実行してください。
  11. 回復ドライブのシステムの復元を実行してください。
  12. Windows11を初期化してください。

パソコン部品をリセットしてください。

放電でパソコン部品をリセットしている画像
放電でノートパソコンをリセットするときはバッテリーも外してください。

パソコン部品をリセットして一時的なエラーや誤作動のない状態にメンテナンスしてください。

Windowsが起動しないトラブルでご相談いただいて、パソコンが到着したらトラブルが起きていないというケースが多い月ですと5%もあります。ちなみに、Windowsはメンテナンスしないとトラブルが直りませんし、パソコン部品の故障なら交換が必要です。当社への移動だけで症状が改善していることから、放電だけで解決するような一時的なエラーや誤作動は一定数あると言えます。

パソコン部品の誤作動をリセットするキーワードは、放電、掃除、リセットボタン、メモリの抜き差し(と増設メモリがあれば取り外し)、ボタン電池の抜き差しです。放電などの詳しい方法は Windowsが起動しないときに放電を試したほうが良い? でご確認ください。

注意点としましては、パソコンの形状によって出来ることが違う(作業の難易度が高い場合もある)ことです。無理な作業はパソコンを壊してしまう恐れもありまして、無理なく出来ることのみお試しください。

回復ドライブを作成してください。

回復ドライブを作っている画像
トラブルが起きる前に回復ドライブを準備していない場合は、正常に起動するパソコンでお作りください。

正常に起動するパソコンで回復ドライブを作成してください。

回復ドライブはUSBメモリで作成するWindowsのメンテナンス機能です。会社やご家庭にある正常に動作する他のパソコンで作成した回復ドライブを使ってトラブルの起きたパソコンをメンテナンスできます。

回復ドライブはWindows11/Windows10で相互利用できます。たとえば、Windows10で作成した回復ドライブをトラブルが起きたWindows11で使うことができます(その逆パターンもOKです)。ただし、Windows11は32ビットがありません。32ビットのWindows10で作成した回復ドライブを64ビットのWindows11では使えません。*ビットが違うと作業できません。

回復ドライブの作り方は Windows11回復ドライブの作り方 でご確認ください。

BIOS設定でSecure Bootをオフにしてください。

Secure Bootをオフにしている画像

BIOS設定画面にあるSecure Bootをオフにしてください。

Secure Bootは、信頼性のないプログラムの実行を防ぐ機能です。たとえば、信頼性のないプログラムといえばウイルスですが、Windows起動時にウイルスに乗っ取られるのを防いだりします。

ただ信頼性のない状態は、プログラムのエラーでも起こりうることです。正規のプログラムでもエラーが起きて信頼性のない状態になってしまいますと、ブロックされてしまいます。Secure Bootはウイルスをブロックする機能ではなく、信頼性のないプログラムなら何でもブロックします。

そしてWindows Updateに失敗したプログラムをブロックしているケースもありまして、Secure BootをオフにしてWindowsを起動してください。

もしフリーソフトやフリーゲーム、その他ソフトウェアをインストールされた後や、メールの添付ファイルを開いた後からWindows11ブラックスクリーンになった場合はこちらの作業を行わず、Windows11を初期化してください。 にお進みください。

この作業の詳細は、Windowsが起動しないクルクルがループするトラブルの事例研究 でご確認ください。Windowsクルクルが終わらず起動しないトラブルをSecure Bootのオフで実際に直した事例です。原因の調査方法やSecure Bootをオフにする方法を公開しております。

BitLocker回復キーを入手してください。

BitLocker回復キーの入力画面
この画面が表示される場合のみ、BitLocker回復キーが必要です。

MicrosoftアカウントからBitLocker回復キーを入手してください。

BitLocker回復キーの入力を求める画面が表示される場合のみBitLocker回復キーが必要になります。BitLocker回復キーの入力を求める画面が表示されない場合は、この作業が不要です。

ちなみに、BitLockerとはWindowsなら無料で使える暗号化機能です。そしてBitLocker回復キーとは、暗号化を解除するための48桁の数字だけ(ローマ字はありません)の並びになります。

あえてオンにしている場合は紙やUSBなどにもBitLocker回復キーを保存できますが、BitLockerをオンにした覚えがないのになぜ?という場合は、MicrosoftアカウントにBitLocker回復キーがあります。WindowsのアカウントをMicrosoftアカウントでサインインしている(サインインしたことがある)場合は、自動的にBitLockerがオンになり、MicrosoftアカウントにBitLocker回復キーが登録されるという仕組みになっています。

BitLocker回復キーの入手方法は、BitLocker 回復キーを確認する方法 でご確認ください。BitLocker回復キーの探し方がわかったものの、なかなかBitLocker回復キーが見つからないという場合は、BitLocker回復キーが見つからないときに確認したいポイントと事例 でご確認ください。

回復ドライブから起動してください。

回復ドライブから起動している画像
NECパソコンはキーボードの「F2」から回復ドライブを選択して起動するケースが多いです。

正常なパソコンで作成した回復ドライブをトラブルの起きているパソコンに接続して起動してください。

回復ドライブからの起動方法ですが、たとえば、DELLパソコンは電源ボタンを押してからキーボードの「F12」を連打してください。キーボードの矢印キーで回復ドライブのUSBメモリを選択してから、キーボードのEnterを押してスタートです。Surfaceは音量を下げるボタンを押しながら電源ボタンを押しますと回復ドライブ優先で起動します。

その他のメーカーパソコンはこちらのリンクからご確認ください。 NEC富士通東芝LenovoDELLHP 。もし上手くいかない場合はパソコンメーカー様に電話でご確認ください。詳しく教えてくれます。

もし回復ドライブからの起動でもエラーになる場合は、パソコン部品が故障している可能性もあります。回復ドライブから起動できないときの原因と対処法 こちらの記事もご確認ください。

回復ドライブのスタートアップ修復を実行してください。

回復ドライブのスタートアップ修復の画面

回復ドライブから起動したら詳細オプション画面まで進んで、スタートアップ修復をクリックしてください。完了したら再起動してWindowsが起動するかご確認ください。

詳しい作業手順は Windows11回復ドライブを使ったスタートアップ修復の方法 でご確認ください。

スタートアップ修復とは、Windowsが起動できない深刻なレベルのトラブルが発生したときのために準備されているメンテナンスのひとつです。スタートアップ修復のプログラムがエラーを自動で発見し修復してくれますので、パソコンが苦手な方でもクリックひとつで簡単にメンテナンスできます。

ちなみに、回復ドライブからの起動後に、「Microsoft IME」、「トラブルシューティング」とクリックして進みますと詳細オプション画面になります。詳細オプション画面に「スタートアップ修復」のボタンがあります。次に「Windows11」、「シャットダウン」とクリックして完了です。

回復ドライブのコマンドプロンプトを実行してください。

回復ドライブのコマンドプロンプトの画面

回復ドライブから起動したら詳細オプション画面まで進んで、コマンドプロンプトをクリックしてください。コマンドプロンプトの画面が開きましたら、「chkdsk c: /f」と入力して、キーボードのEnterキーを押してスタートしてください。

本来、コマンドプロンプトはケースバイケースで使い方が変わります。たとえば、料理の味がもの足りないときに、塩を足すのか砂糖なのか、それともおしょう油なのかはケースバイケースです。何でもかんでも、とりあえず塩を足すなんてスタンスでしたら、逆に味が壊れてしまうこともありますよね。

そのような感じで、意図もなくとりあえずコマンドを試してみようは、Windowsの起動トラブルを修復するつもりで、逆に壊してしまう恐れもあります。

ただし、「chkdsk c: /f」はエラーを直すだけのコマンドでして悪化はしません。ファイルシステムが正常でしたら、エラーが見つかりませんで終わるため、無意味な修正がありません。とりあえず試そうがOKな数少ないコマンドです。このコマンドの使い方や、その他お客様よりよくお伺いするコマンドについて Windows11/Windows10が起動しない、コマンドプロンプトの間違ったヤバイ使い方と修復方法 でレポートしております。コマンドプロンプトを試してみようかなという場合は、注意点もありますのでぜひご確認ください。

スタートアップ設定(ドライバー署名の強制を無効にする)を実行してください。

ドライバー署名の強制を無効にするを選択している画面
この作業で回復ドライブは使いません。

ドライバー署名の強制を無効にするモードでWindows10を起動してください。

詳しい作業手順は Windows11が起動しない時のドライバー署名の強制を無効にするモードでの起動方法 でご確認ください。ちなみに、Windows10の起動に3回失敗すると「自動修復を準備しています」画面になります。その続きから「スタートアップ設定」内の「ドライバー署名の強制を無効にする」を選んでスタートです。この「スタートアップ設定」が回復ドライブにないため、こちらの作業で回復ドライブは使いません。

このドライバー署名の強制を無効にするモードでの起動は、署名のないドライバーをインストールするという特殊な使い方のためにあります。しかし、Windows Update が失敗してドライバーにエラーがあるときもドライバー署名の強制を無効にするモードは有効です。

もしフリーソフトやフリーゲーム、その他ソフトウェアをインストールされた後や、メールの添付ファイルを開いた後からWindows11ブラックスクリーンになった場合はこちらの作業を行わず、Windows11を初期化してください。 にお進みください。

スタートアップ設定(起動時マルウェア対策を無効にする)を実行してください。

起動時マルウェア対策を無効にするを選択している画面
この作業で回復ドライブは使いません。

起動時マルウェア対策を無効にするモードでWindows10を起動してください。

詳しい作業手順は Windows11が起動しない時の起動時マルウェア対策を無効にするモードでの起動方法 でご確認ください。ちなみに、Windows10の起動に3回失敗すると「自動修復を準備しています」画面になります。その続きから「スタートアップ設定」内の「起動時マルウェア対策を無効にする」を選んでスタートです。この「スタートアップ設定」が回復ドライブにないため、こちらの作業で回復ドライブは使いません。

Windows11起動時に読み込まれる起動時マルウェア(ウイルス)対策プログラムを起動しないというものです。これによってマルウェアが含まれている可能性のあるソフトウェアでも、Windows11にインストールできるようになります。このような特殊な使い方をしますが、Windows Update が失敗して誤検出やエラーがあるときも起動時マルウェア対策を無効にするモードは有効です。

もしフリーソフトやフリーゲーム、その他ソフトウェアをインストールされた後や、メールの添付ファイルを開いた後からWindows11ブラックスクリーンになった場合はこちらの作業を行わず、Windows11を初期化してください。 にお進みください。

回復ドライブの更新プログラムのアンインストールを実行してください。

回復ドライブの更新プログラムのアンインストールの画面

回復ドライブから起動したら詳細オプション画面まで進んで、更新プログラムのアンインストールをクリックしてください。

詳しい作業手順は Windows11回復ドライブを使った更新プログラムのアンインストールの方法 でご確認ください。

更新プログラムのアンインストールとは Windows Update でインストールした更新プログラムをアンインストールするという機能です。今回のトラブルは Windows Update に失敗している可能性が高く、更新プログラムのアンインストールでトラブルが解決できます。

更新プログラムのアンインストールには「最新の品質更新プログラムをアンインストールする」と「最新の機能更新プログラムをアンインストールする」があります。「最新の品質更新プログラムをアンインストールする」は毎月配信される個々のプログラムです。「最新の機能更新プログラムをアンインストールする」は年に1回配信されるバージョンアップです。

まずは「最新の品質更新プログラムをアンインストールする」を実行して改善しない場合は、「最新の機能更新プログラムをアンインストールする」を実行してください。

回復ドライブのシステムの復元を実行してください。

回復ドライブのシステムの復元の画面

回復ドライブから起動したら詳細オプション画面まで進んで、システムの復元をクリックしてください。

詳しい作業手順は Windows11回復ドライブを使ったシステムの復元の方法 でご確認ください。

システムの復元は復元ポイントというバックアップ時の状態にプログラムを戻します。エラーを起こす前の正常なプログラムに戻りますのでトラブルが解決するという仕組みです。注意点としましては、システムの復元は一部のプログラムしか戻さないため(すべてを戻すわけではないため)矛盾が生じてしまうこともあり、状況が悪化してしまうこともあります。

特に復元ポイントの日時とWindows起動トラブルが起きた日時に関連性がない場合は、トラブルとは関係しない余計な作業になってしまう可能性もあります。日付に関連性がない場合はこの作業を試さないほうが良いでしょう。その他注意点は システムの復元を実行する前に知ってほしい 10 のこと でご確認ください。

Windows11を初期化してください。

Windows11のドライブから回復するの画像

回復ドライブから起動したら、ドライブから回復するをクリックしてください。

詳しい作業手順は Windows11が起動しない時の初期化の方法 でご確認ください。

こちらは注意点です。回復ドライブのドライブから回復するは、Windows11ブラックスクリーンが起きる前に作成しておく必要があります。しかし、作成していない場合でも、パソコンメーカーさんより入手できます。海外メーカー製のパソコンですと、ネットから無料でダウンロードできるケースが多いです。国内メーカーは基本的に有料になりまして、ネットから発注して入手できます。

回復ドライブからのドライブから回復するでも初期化できない場合は、パソコン部品が故障しています。パソコン修理に出されたり、新パソコンの購入が次の解決策になります。