マウスカーソルだけ表示されるとはどのような起動トラブル?

対処法は回復ドライブからのスタートアップ修復とシステムの復元です。

パソコンの電源を入れると「NEC」などのメーカーロゴや「dynabook」といったブランドロゴが表示され、Windows 起動時のクルクルが回りはじめます。

そして通常、このクルクルが消えた後で Windows のサインイン画面が表示されますが… この Windows 起動トラブルはクルクルが消えた後でマウスカーソルだけ表示されてサインイン画面へ進みません。

原因としましては、Windows プログラムなど重要なプログラムにエラーが起きています。Windows 起動時のクルクルが表示された後のトラブルですから、ブートと呼ばれる起動設定などは既に通過しており、プログラムの読み込み中に発生していることがわかります。

そこで Windows10 マウスカーソルだけ表示されて起動しないトラブルの処方箋は、回復ドライブからの「スタートアップ修復」と「システムの復元」です。それでは以下のメニューで今回のトラブルの注意点と解決方法をレポートします。

  1. 動画ダイジェスト
  2. マウスカーソルだけ表示されて起動しない原因と対処法
  3. 回復ドライブを使う理由です
  4. 電源投入直後のマウスカーソルだけは別問題です
  5. 回復ドライブの作り方と使い方
  6. 万が一、お困りの時は…

動画ダイジェスト

見たほうがわかりやすいかと思いまして「マウスカーソルだけ表示される」とはどのような症状なのかを動画にしました。合わせて対処法なども簡単にレポートしています。こちらの動画は合計で 1 分 56 秒あります。

マウスカーソルだけ表示されて起動しないトラブルの対処法の要点です。*音は出ません。

マウスカーソルだけ表示されて起動しない原因と対処法

このトラブルは Windows のプログラムやドライバと呼ばれるその他の重要なプログラムにエラーが起きると発生します。冒頭でもご紹介した通り、Windows 起動時のクルクルが表示された後のトラブルですから、ブートと呼ばれる起動設定などは既に通過しており、プログラムの読み込み中に発生しています。

この現象、よくウイルスですか?と質問を受けます。確かに Windows Vista に感染すると同現象を起こすウイルスがありました。XP 用に作られていて Vista に感染するとプログラムが暴走してしまいこの現象を起こします。ただそれ以降このようなウイルスを聞くことはありません。ウイルスの可能性はかなり低いでしょう。

もちろん、Windows のプログラムやドライバのほとんどはキーボードの Delete を押しても削除できないため操作ミスも考えられません。

Windows のプログラムやドライバにエラーが起きるとすれば、Windows Update による Windows プログラムの更新やドライバのインストール又は更新などのイベントで失敗したことが考えられます。

ちなみに、Windows が起動できなくなるレベルのドライバといえば、メンテナンス系のプログラムが多いです。たとえばウイルス対策ソフトやバックアップソフトなどが該当します。

そしてこれら重要なプログラムは「システムの復元」にバックアップが保存されます。そのため、システムの復元が解決方法になりますが、Microsoft 社の情報によりますと「スタートアップ修復」でドライバの破損などをチェックしていますのでスタートアップ修復で直らなければシステムの復元を実行するという手順がベストです。

なお、マウスカーソルだけ表示されて起動しないトラブルをスタートアップ修復やシステムの復元で直すときは回復ドライブを使って作業を進めていきます。

回復ドライブを使う理由です

パソコンの起動に 3 回失敗すると自動修復がはじまります。その画面の続きから今回のトラブルの対処法になります「システムの復元」などのメンテナンスを試すことができます。

しかし、このマウスカーソルだけ表示されて起動しないトラブルですが、起動に失敗しているものの自動修復がはじまりません。これは 1 分以内で再起動したりブルースクリーンのようなエラー画面にならないと起動に失敗していると判断されないようです。

そこで 1 分以内の電源ボタン長押しの強制終了を 3 回連続で行えば自動修復がはじまりますが…うかつに強制終了しますとタイミングによってはさらに悪化してしまう可能性もあります。回復ドライブからの作業でしたらこのようなリスクがないため安心です。

*回復ドライブの作り方や使い方はこの後でレポートしています。

電源投入直後のマウスカーソルだけは別問題です

同じマウスカーソルだけ表示されて次の画面に進まないというトラブルでも、電源ボタンを押した直後すぐにマウスカーソルが表示されるトラブルは原因が違います。

ちなみに、電源ボタンを押した後にメーカーロゴや Windows のクルクルが表示されずに、すぐにマウスカーソルだけ表示されます。

これはスリープの復帰に失敗しているような症状でして解決方法は「電源断」です。電源ボタン長押しの強制終了ではなく、コンセントから外します。ノートパソコンの場合はバッテリーも外してください。

通常 1 分もあれば十分なはずです。再びコンセントやバッテリーを差して電源を入れてください。メーカーロゴや Windows のクルクルが表示されれば無事解決です。

回復ドライブの作り方と使い方

マウスカーソルだけ表示されて起動しないトラブルの対処法は、回復ドライブからの「スタートアップ修復」と「システムの復元」です。

回復ドライブは USB メモリで作成します。トラブルが起きているパソコンで作成することはできないため、たとえば職場内や家族のパソコンで作成し、トラブルの起きているパソコンで使います。まずは回復ドライブの作成方法をレポートして、「スタートアップ修復」と「システムの復元」のメンテナンス方法をレポートします。

回復ドライブの作り方

ここでは Windows10 を例にしています。他のバージョンは、Windows8 回復ドライブの作り方Windows7 システム修復ディスクの作り方 でご確認ください。手順を細かくレポートしています。

注意点については、回復ドライブに使う USB メモリ内のデータが消去されるということです。保存してあるデータは事前にバックアップしておく必要があります。またうっかり違うメディアに作成してしまうことも考えられます。回復ドライブを作る際は、キーボードとマウスと回復ドライブ用の USB メモリの 3 点のみパソコンへ接続すると間違いがありません。

ちなみに、Windows10 回復ドライブの作り方の動画を作成しました。注意点も載せていますのでぜひご確認ください。こちらの動画は合計で 3 分 20 秒あります。Youtube の字幕機能を使っております。文字が出ない場合は、Youtube の字幕をオンにしてください。音は出ません。

Windows10 回復ドライブの作り方です。

回復ドライブの作り方(画像版)

キーボードの「Windows」ボタンと「 x(エックス)」ボタンを同時に押します。するとメニューが表示されるので「設定(N)」をクリックします。

「 Windows の設定」画面が表示されたら、検索ボックスに「回復ドライブの作成」と入力します。すぐ下に表示された回復ドライブの作成アイコンをクリックします。

この後で「ユーザーアカウント制御」画面が表示されたら「はい」をクリックします。

回復ドライブを使ったメンテナンス方法

マウスカーソルだけ表示されて起動しないトラブルの対処法は、回復ドライブからの「 スタートアップ修復 」と「 システムの復元 」です。

回復ドライブは USB メモリで作成します。そのため、回復ドライブを利用するときは USB メモリからパソコンを起動します。USB メモリからの起動方法はパソコンごとに異なり、購入時のマニュアルなどから調べられます。うまくいかないときはお使いのパソコンメーカーさんに電話で確認すると詳しく教えてくれます。ここでは Windows10 を例にしています。他のバージョンは、Windows8 回復ドライブの使い方Windows7 システム修復ディスクの使い方 でご確認ください。

もし回復ドライブでのメンテナンス中にフリーズしたりエラーになるなど「作業ができない」場合は部品故障が原因です。そのような作業ができない場合は部品交換の修理やパソコンの買い替えが解決策になります。

ちなみに、回復ドライブ( USB )からの起動方法を動画にしてみました。USB からの起動方法はメーカーごとに違います。一番多いのがキーボードの「F12」です。「 F9(主に hp )」「 F2(主に NEC )」もあります。この動画は合計で 2 分 26 秒あります。その他にも、自動修復(スタート修復)やシステムの復元の操作手順も動画にしてあります。Youtube の字幕機能を使っております。文字が出ない場合は、Youtube の字幕をオンにしてください。音は出ません。

回復ドライブ( USB )からの起動方法です。

回復ドライブを使ったメンテナンス方法(画像版)

起動トラブルの起きているパソコンに回復ドライブを接続し、回復ドライブからパソコンをスタートさせます。

回復ドライブから起動すると「キーボード レイアウトの選択」画面が表示されます。まずは「 Microsoft IME 」をクリックします。ちなみに日本語の入力が必要なケースでは「その他のキーボード レイアウトを表示」をクリックし、「日本語」をクリックします。今回は不要ですので「 Microsoft IME 」をクリックします。

「オプションの選択」画面が表示されたら「トラブルシューティング」をクリックします。

「トラブルシューティング」画面が表示されたら「詳細オプション」をクリックします。

「詳細オプション」画面が表示されたら「スタートアップ修復」をクリックします。これで修復作業がスタートします。

「スタートアップ修復」で直らない場合は「システムの復元」も実行します。

作業が完了したら無事復活できたかご確認ください。ほとんどの起動トラブルが、この「スタートアップ修復」で直ります。もし直らない場合は「詳細オプション」画面にある「システムの復元」も実行してみてください。「システムの復元」は Windows システムのバックアップであり、トラブルが起きる前の正常な状態に戻すことができます。*ウイルスが原因の場合も「システムの復元」で直すことができます。

ちなみに、システムの復元中に強制終了しますと、システムの復元画面がエラーで開けなくなるなど再チャレンジできなくなることもあります。6時間を超える場合は異常ですので強制終了も仕方がありませんが、気長にお待ちいただくのがポイントです。その他、システムの復元の注意点については、システムの復元で、実はそれダメなんです!な 3 つの注意点 にまとめてみました。

その他の「詳細オプション」についてです。「コマンド プロンプト」はプログラムのようなコマンドを使って Windows を直します。起動トラブルを直すコマンドが数多く準備されているのですが、ITに精通していないと難しく上級者向けです。また「イメージでシステムを回復」はイメージという方法でバックアップしている場合に、こちらからバックアップ時の状態に戻せます。