システムの復元ができないときの直し方

システムの復元とは Windows システムのバックアップのような機能です。たとえば、Windows Update の失敗などでパソコンが起動しなくなっても、システムの復元のバックアップからトラブルが起きる前の正常な状態に戻すことができます。

システムの復元は、そのような Windows 起動トラブルの救世主ともいえますが、トラブルが起きた肝心な時にエラーで使えない、なんてこともあります……。

システムの復元ができない主な理由は、システムの復元のバックアップにエラーが起きているケース、実行するプログラムにエラーが起きているケース、システムの復元の設定が無効でバックアップがないケースの3点が考えられます。

そしてシステムの復元ができないときの解決方法は、回復ドライブからの「スタートップ修復」と「システムの復元」です。それでも解決できない場合はどうすれば良いのでしょうか。極端な話し、システムの復元の設定が無効でバックアップがない場合はそもそもトラブルではないため、回復ドライブからメンテナンスしても解決しません。

もしシステムの復元ができなくても、実はシステムの復元よりももっと強力な Windows 起動トラブルの解決方法があります。今回は、回復ドライブからのスタートップ修復とシステムの復元と、それでもシステムの復元ができないときの Windows 起動トラブルの解決方法をレポートします。

トラブルで起動しない Windows パソコンでさらにシステムの復元ができないときは、回復ドライブが必要になります。すべてを作業する場合は3時間くらいの時間がかかります。

  1. 回復ドライブのスタートアップ修復
  2. 回復ドライブのシステムの復元
  3. イメージでシステムを回復
  4. この PC を初期状態に戻す
  5. 万が一、お困りの時は…

回復ドライブのスタートアップ修復

システムの復元ができない理由として、システムの復元のバックアップにエラーが起きていたり、システムの復元を実行するプログラムにエラーが起きていることが考えられ、回復ドライブの「スタートアップ修復」でメンテナンスして直してあげます。

回復ドライブは USB メモリで作成した Windows のメンテナンスツールです。トラブルが起きているパソコンで作成することはできないため、たとえば職場内や家族の正常なパソコンで作成し、トラブルの起きているパソコンで使います。

回復ドライブの作り方は、Windows10Windows8Windows7 でご確認ください。手順を細かくレポートしています。

使い方につきましては Windows10Windows8Windows7 でご確認ください。

回復ドライブのシステムの復元

スタートアップ修復が完了しましたら、次に「システムの復元」を試していきます。こちらの作業も回復ドライブから行うと間違いがありません。通常はこれでシステムの復元ができるはずです。

ちなみに、システムの復元の途中で強制終了したら、その後からシステムの復元がエラーでできなくなった、なんてお話を聞くこともあります。システムの復元は長い時で 1 時間くらいかかるときもありまして気長にお待ちください。データが多いなどの理由で空き容量が少ない場合は、3 時間程度かかることもあります。

その他の注意点については、システムの復元で、それダメなんです!な間違いやすい 3 つの注意点 でご確認ください。

イメージでシステムを回復

もし回復ドライブからのスタートアップ修復とシステムの復元で解決できない場合でも、より強力な「イメージでシステムを回復」があります。

ただし、バックアップを事前に作成しておく必要があります。システムの復元は多くのパソコンで自動的に復元ポイントを作成していますが、イメージでシステムを回復はパソコンの使用者が設定しない限り、自動的にバックアップを作成していません。

注意点としましては、Windowsだけではなく、データもアプリも設定もすべてがバックアップの状態に戻ります。*システムの復元は、一部のアプリを除く Windows だけがバックアップの状態に戻ります(データや設定はそのままです)。

ちなみに、イメージでシステムを回復は、Windows Vista の後期から搭載されました。すべてがバックアップに戻りますのでかなり強力ではあるものの取り扱いが難しい機能でもあります。事前にバックアップを作るだけではなく、バックアップから戻す予行演習もしていないと失敗することがあります。強力なツールですが難易度が高く、上級者向けといえそうです。

もし予行演習などで「イメージでシステムを回復」ができることを確認していたのにトラブル時にうまくいかない……失敗してしまう場合は、ハードディスクなどの部品故障の可能性大です。

この PC を初期状態に戻す

この PC を初期状態に戻す、は回復ドライブを使いません。

復元ポイントがないなどで「システムの復元」ができない状態、かつ「イメージでシステムを回復」のバックアップを作成していない場合の最後の砦が、「この PC を初期状態に戻す」です。

マイドキュメントなどユーザーアカウント内のデータを残すオプションが選べますが、システムの復元とは違い、Windowsやアプリ、設定などは、購入時の箱から出した状態になります(ユーザーアカウントのデータはそのまま残っています)。

手順としましては、パソコンの起動に 3 回失敗しますと、「自動修復を準備しています」画面になりまして、その画面の続きに「この PC を初期状態に戻す」メニューがあります。

データを残す場合は、「この PC を初期状態に戻す」をクリック後に「個人用ファイルを保持する」をクリックしてください。

ちなみにですが、データを残したい場合は回復ドライブから作業できません。回復ドライブの「ドライブから回復する」を行った場合は(回復ドライブのこの PC を初期状態に戻す機能です)、データや設定、アプリ、すべてが購入時の箱から出した状態に戻ります。データを残したい場合は厳禁です。

もし「この PC を初期状態に戻す」又は「ドライブから回復する」が失敗する場合は、再インストールに必要なプログラムにもトラブルが起きている可能性があります。長年お使いのパソコンでしたら、ハードディスクなどの部品故障の可能性も考えられます。

「この PC を初期状態に戻す」の手順については、Windows10 で初期化(リカバリ)に失敗する原因と注意点 でご確認ください。実際にデータが残るかの実験もしてみました。

万が一、お困りの時は…

もしこれらの作業で Windows 起動トラブルが直らない場合ですが、セーフモードでの起動を試してみてください。ある程度メンテナンスするとセーフモードでならギリギリ起動できることもあります。 Windows10 をセーフモードで起動する方法 も確認してみてください。

それでも万が一、Windows が起動しない、困った…というときは、ぜひ当社のパソコン修理サービスにお任せください。メーカーさんの修理とは違い、データを残したパソコン修理をしています。 データを残したままのパソコン修理 の総合案内ページもぜひご確認ください。

当社秋葉原オフィスのバックヤード(立ち入り禁止エリア)です。宅急便やお預かり品のパソコン修理やデータ救出作業をしています。お持ち込みの場合は受付スペースのほうで対面で作業をしています。

よくある Windows 起動トラブルでしたら、回復ドライブのコマンドプロンプトから Windows システムを検査して直せます。コマンドプロンプトからの作業はパソコンの初期化(リカバリ)ではなく、そのエラーだけを直しますので、保存してある写真などのデータもインストールしたアプリも、無線 LAN などの設定も、そのまま残ります。こちらは Windows 起動トラブルを直した事例 です。当社の実績ブログ(カテゴリ:起動修復)が開きます。

なお、長年お使いのパソコンでしたら部品故障などの「寿命」が原因ということもあります。そのような重症なケースでもこのトラブルでしたら、当社の専用設備で大切なデータを救出できます。「なんとかデータだけでも残したい」という場合でも安心してお任せください。もちろん、データを救出した後で部品交換の修理も対応しています。データ復旧実績は 故障ハードディスクからのデータ救出実績 でご確認ください。上記と同じ当社の実績ブログが開きますが、こちらはデータ救出実績を集めたページになっています。

パソコン修理とデータ救出のご相談はお電話( TEL 03-5823-1870 電話受付は年中無休 8時 から 24時までです )又は メールフォーム からお気軽にお問い合わせください! 当社は IT の街、東京・秋葉原のオレンジセキュアサービス(株)です。おかげさまで2008年から営業しています。お持ち込みは対面で診断・修復作業をしておりまして 20 分から 60 分程度お立ち会いください。遠方の方からの宅急便も歓迎です。

【関連サービスのご案内】

【関連記事、リンク】

更新日 :
公開日 :

オレンジセキュアサービス株式会社

  • 東京都千代田区神田佐久間河岸70 第二田中ビル 4B 号
  • 電話:03-5823-1870
  • 加盟 : 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会