Pc Repair

自動修復「 PC が正常に起動しませんでした」で Windows10 ⁄ 8.1 が起動しない場合の原因と対処法、注意点も

「 PC が正常に起動しませんでした」で失敗する時の対処法

Windows10 ⁄ 8.1 自動修復で失敗する概要について

自動修復画面

自動修復「 PC が正常に起動しませんでした」というタイトルに、[再起動]を押して PC を再起動すると、問題を解決できる場合があります。また、[詳細オプション]を押して、その他の方法で PC の修復を試すこともできます。という画面が表示されました。どのようにすれば良いのでしょうか?

ちなみに「スタートアップ修復で PC を修復できませんでした」というタイトルに、[詳細オプション]を押してその他のオプションで PC の修復を試すか、[シャットダウン]を押して PC の電源を切ってください。という画面の場合もあります。メッセージが多少違いますが、対処法はどちらも同じです。

Windows が起動に失敗すると、自動的に「自動修復」が始まり、そのトラブルを解決します。まずはメッセージの通り、再起動してみてください。ほとんどのケースはこれで解決します。もし再起動しても再びこの画面になってしまうときは、「自動修復」が失敗しています。詳細オプションボタンから別の方法で起動トラブルを直します。

なお、「自動修復」で失敗する原因ですが、Windows やドライバといったプログラムが壊れています。このトラブルが起きる前に、Windows アップデートで失敗した、プログラムのインストールで失敗したというケースが多いのではないでしょうか。もし「自動修復」が失敗するときは、詳細オプションボタンからシステムの復元を実行し、トラブルを解決します。

それでは「自動修復で PC を修復できませんでした」で Windos が起動しない時の対処法をレポートします。

  1. 自動修復が失敗する原因について
  2. 「自動修復で PC を修復できませんでした」の修復方法
  3. 万が一、起動しないときは…

自動修復が失敗する原因について

自動修復とは「 Windows で起動に失敗すると、自分でそのトラブルを直す」そんな自己修復機能です。起動に失敗すると、自動的に診断を開始し、復旧します。ただし、自動修復には守備範囲と言いましょうか、作業範囲があるため、もしこの画像のような自動修復で失敗した画面が表示される場合、自動修復での作業範囲外にトラブルが起きているという解釈になります。

自動修復が完了した画面「再起動」または「詳細オプション」ボタンがあれば完走しています。
スタートアップ修復が完了した画面Windows10 ではスタートアップ修復の表記の場合もあります。

自動修復の作業範囲について Microsoft 社さんの情報によると、レジストリの破損、システムおよびドライバ ファイルの不足または破損、ファイル システム メタデータの破損、問題のある、または互換性のないドライバのインストール、その他、重要な部分をチェックし修復してくれます。そしてよくあるトラブルならこれでイチコロです。

しかし、自動修復では壊れたプログラムを直したり、消失したプログラムを復活させることは作業の対象外です。またアップデートやインストールが途中の状態で不具合を起こしている場合も対象外です。これらに原因がある場合は、システムの復元でプログラムのバックアップから戻して直します。自動修復で失敗する時の処方箋は、システムの復元です。

ちなみに、こちらの当社実績ブロクの記事「 「スタートアップ修復が失敗する」の起動修復 Win7 」では、システムの復元を実行し、システムが正常だった状態に戻すことでパソコンが起動すようになりました。* Windows7(Vista)は自動修復の名称がスタートアップ修復でした。もちろん、機能は自動修復と同じです。

補足のイメージ画像

昔から、起動しないパソコンを 10 台並べると、3 台、 4 台はちょっとしたトラブルです。そして自動修復ならこれら範囲のトラブルを簡単に解決できます。さらにシステムの復元と合わせれば、もう 3 台、 4 台は直せるでしょう。つまり起動しないパソコンを 10 台並べれば、確率的に 80% の 8 台は、元通りきちんと直ります。

ちなみに残り 20 %は、複雑なシステムトラブルやハードディスク故障です。「ちゃんとしたトラブル」と言うと、ちょっとおかしな表現ですが、エンジニアではないと対処できないレベルのトラブルです。

なお、Windows XP 時代は Windows CD からコマンドを使って修復を試すしかありませんでした。パソコンに精通していない限り、すべてが「ちゃんとしたトラブル」だったわけです。さらにコマンドからのシステムの復元は実行できません。トラブルを直せる範囲は狭かったのが事実です。メンテナンス性は目に見えて大幅に向上したと言えるでしょう。

それでは Windows のトラブルを直しましょう。

「自動修復で PC を修復できませんでした」の修復方法

自動修復で失敗する時の処方箋は、システムの復元です。このシステムの復元は Windows プログラムのバックアップであり、復元ポイントからプログラムを元に戻します。注意点としては、近い日付から元に戻します。それでも起動に失敗する場合は、違う日付で再度試します。

もし 5 年以上使っているパソコンでトラブルが起きたときは、一時的なものではなく、部品故障の「前兆」の場合もあります。近いうちに再発したり、故障する可能性が少なからずあります。無事パソコンが起動したら、念のためバックアップを取ったりアプリのライセンスを控えたり、しばらく様子を見てください。ちなみに故障の症状を 不良セクタとは? その注意点も でレポートしています。ぜひチェックしてください。

それでは システムの復元で直しましょう。

「自動修復で PC を修復できませんでした」画面が表示されたら「詳細オプション」をクリックして修復を開始します。

「オプションの選択」画面が表示されたら「トラブルシューティング」をクリックします。

「オプションの選択」画面

「トラブルシューティング」画面が表示されたら「詳細オプション」をクリックします。

「トラブルシューティング」画面

「詳細オプション」画面が表示されたら「システムの復元」をクリックします。

「システムの復元」クリックすると再起動し「システムの復元」が始まります。

アカウントをクリックします。

「システムの復元」

パスワードを入力し「続行」をクリックします。

「システムの復元」

「次へ(N)」をクリックします。

「システムの復元」

複数行ある場合はもっとも近い「日付と時間」をクリックし「次へ(N)」をクリックします。

「システムの復元」もし起動しない場合は違う日付の復元ポイントに変更し、試します。

「完了」をクリックします。

「システムの復元」

「はい」をクリックすると、システムの復元の処理が始まります。

「システムの復元」この次で修復の処理が始まります。自動的に処理が進み、終わるのを待つだけです。

この画面が表示されたら「再起動」をクリックし、無事起動することを確認します。パソコンが起動したら、念のためバックアップを取ったりアプリのライセンスを控えたり、しばらく様子を見てください。

「システムの復元」もし起動に失敗する場合は、違う日付の復元ポイントに変更して試します。

その他注意点です。「イメージでシステムを回復」はイメージファイルというバックアップファイルを作成している場合のみ使えます。ただしシステムの復元とは違い、作成日の状態に Windows も「データもすべて過去に戻ります」(システムの復元の場合、データはそのままです)。また「コマンドプロンプト」は上級者向けです。もし原因とまったく関係ないことをしてしまうと、直すつもりがむしろ壊してしまうなんてこともあります。

詳細オプションのイメージでシステムを回復とコマンドプロンプト