Pc Repair

「 Windows が正しく読み込まれませんでした」で起動しない時の対処法

Windows が「回復」画面を繰り返す?!

まずは「 PC を再起動する」をクリックします。

回復画面

「 Windows が正しく読み込まれませんでした」というタイトルで、「再起動してやり直すには、下の[PC を再起動する]を選んでください。トラブルシューティング ツールや詳細オプションを使う場合は、[詳しい修復オプションを表示する]を選んでください。」という「回復」画面が表示されました。どのように対処すれば良いのでしょうか?

まずは「 PC を再起動する」をクリックします。ちょっとしたトラブルであればこれで解決します。ちなみに起動したら、念のためバックアップを取り、しばらく様子を見てください。

もし万が一、パソコンが起動せず、この「回復」画面を繰り返す場合は、「詳しい修復オプションを表示する」から「スタートアップ修復(又は自動修復)」と「システムの復元」を実行し、トラブルを解決します。

ちなみに、Windows10 では「スタートアップ修復」、Windows8 では「自動修復」と名称だけ変わりますが、機能は同じです。読み替えてご利用ください。このエラーの対象は Windows10 と 8 です。

それでは「 Windows が正しく読み込まれませんでした」で起動しない時の対処法を注意点も踏まえてレポートします。

  1. Windows が正しく読み込まれませんでしたで起動しない原因について
  2. Windows が正しく読み込まれませんでしたの修復方法
  3. 万が一、起動しないときは…

Windows が正しく読み込まれませんでしたで起動しない原因について

Windows10、8 が起動に失敗すると、自動的に自己修復機能が働き、自分で自分を直します。もしこの「回復」画面が表示されたら「 Windows に起動トラブルが発生したため、自己修復を試しました」という解釈になります。

「Windows が正しく読み込まれませんでした」画面

Windows に起動トラブルが起きた原因としては、「一時的なトラブル」、「 Windows システムのトラブル」、「ハードディスク故障」があります。ちなみに、回復が表示されるところまで動作していることから、BIOS や UEFI は通過していますし、BCD といった起動の設定も通過しています。こちらは対象外です。

「一時的なトラブル」
パソコンを再起動しただけで解決するような、ほんのちょっとしたトラブルです。たとえば「プリンタがエラーになり印刷不可でしたが、再起動しただけで解決した」、「プログラムのインストールに失敗し、再起動しただけですんなりとインストール完了した」など。

「 Windows システムのトラブル」
いつもとは違う出来事があった、作業をした場合は、それが原因で Windows システムにトラブルが発生した可能性もあります。たとえば「Windows アップデートの画面でフリーズしていたため強制終了した」、「プログラムのアンインストール後に再起動したらエラーになった」など。

「ハードディスク故障」
「スタートアップ修復」の画面を何回か見たことがあるなど、もしトラブルが続いている場合や5年以上お使いのパソコンは、故障の前兆(劣化中)の可能性もあります。トラブルを直しても、すぐに再発したり繰り返します。ちなみに、そのような故障の症状を 不良セクタとは? その注意点も でレポートしています。こちらもぜひチェックしてください。

解決のイメージ画像

「 Windows が正しく読み込まれませんでした」で起動しない時の処方箋としては、まず再起動します。「一時的なトラブル」でしたらこれで解決です。

万が一、パソコンが起動せず、「回復」画面を繰り返す場合は、「 Windows システムのトラブル」です。「詳しい修復オプションを表示する」から「スタートアップ修復」と「システムの復元」を実行します。ちなみに、こちらの当社実績ブロクの記事「 「スタートアップ修復が失敗する」の起動修復 Win7 」では、システムの復元を実行し、システムが正常だった状態に戻すことでパソコンが起動すようになりました。

ハードディスク故障の前兆の可能性もあります。無事パソコンが起動したら、念のためバックアップを取ったりアプリのライセンスを控えたり、しばらく様子を見てください。

Windows が正しく読み込まれませんでしたの修復方法

まずはパソコンを再起動します。ちょっとしたトラブルであればこれで解決します。もし再起動後に「回復」画面が再び表示される場合は「詳しい修復オプションを表示する」をクリックして修復を開始します。それでは Windows トラブルを直しましょう。

「オプションの選択」画面が表示されたら「トラブルシューティング」をクリックします。Windows10 と 8 では画面がちょっと違いますが名称は同じです。画面は Windows10 です。

「オプションの選択」画面

「トラブルシューティング」画面が表示されたら「詳細オプション」をクリックします。

「トラブルシューティング」画面

「詳細オプション」画面が表示されたら「スタートアップ修復」をクリックします。Win8 は「自動修復」という表示になります。

「スタートアップ修復」クリックすると再起動します。

再起動後この画面まで進んだら、アカウントをクリックします。

スタートアップ修復

パスワードを入力し「続行」をクリックします。

スタートアップ修復この次で修復の処理が始まります。自動的に処理が進み、終わるのを待つだけです。

スタートアップ修復が完了し「シャットダウン」、「再起動」といった画面が表示されたらクリックし、無事起動することを確認します。万が一、起動しない場合は下の記事に進んでください。

スタートアップ修復が完了した画面

上記手順で「詳細オプション」画面まで進みます。今度は「システムの復元」をクリックします。

「システムの復元」クリックすると再起動し「システムの復元」が始まります。

アカウントをクリックします。

「システムの復元」

パスワードを入力し「続行」をクリックします。

「システムの復元」

「次へ(N)」をクリックします。

「システムの復元」

複数行ある場合はもっとも近い「日付と時間」をクリックし「次へ(N)」をクリックします。

「システムの復元」もし起動しない場合は違う日付の復元ポイントに変更し、試します。

「完了」をクリックします。

「システムの復元」

「はい」をクリックすると、システムの復元の処理が始まります。

「システムの復元」この次で修復の処理が始まります。自動的に処理が進み、終わるのを待つだけです。

この画面が表示されたら「再起動」をクリックし、無事パソコンが起動することを確認します。パソコンが起動したら、念のためバックアップを取ったりアプリのライセンスを控えたり、しばらく様子を見てください。

「システムの復元」もし起動に失敗する場合は、違う日付の復元ポイントに変更して試します。

その他注意点です。「イメージでシステムを回復」はイメージファイルというバックアップファイルを作成している場合のみ使えます。ただしシステムの復元とは違い、作成日の状態に Windows も「データもすべて過去に戻ります」(システムの復元の場合、データはそのままです)。また「コマンドプロンプト」は上級者向けです。もし原因とまったく関係ないことをしてしまうと、直すつもりがむしろ壊してしまうなんてこともあります。

詳細オプションのイメージでシステムを回復とコマンドプロンプト