オレンジセキュアサービス株式会社

システムの復元でデータが消える?復活する?裏ワザも!

システムの復元でデータは消えません!

更新日 :
公開日 :

Windows10 の起動トラブルで代表的なメンテナンス方法と言える「システムの復元」ですが、その「システムの復元でデータが消えることがありますか?」は、お問い合わせの中でもトップ 3 にランクインするくらいよくあるご質問です。

システムの復元はあくまでもプログラムなどのシステムが対象のため、データはノータッチです。システムの復元を行うことで保存してあるデータが消えることはありません。また間違えて削除したデータが復活することもありません。

ところが、データとシステムが厳密に分類されているわけではないため、裏ワザを使いますと、データでもシステムの復元であえてコントロール(消したり、復活させたり)させることができます。

この裏ワザができてしまうのは矛盾という欠陥があるためでして、システムの復元は不完全とも言えます。今回はそんなシステムの復元の仕組みと注意点についてレポートします。

なお、このレポートでは、Windows10 20H2 のシステムの復元をテストしました。

  1. データとは?システムとは?
  2. システムの復元の注意点
  3. システムの復元【裏ワザ】テスト動画です!
  4. システムの復元の裏ワザでよくあるご質問FAQ
  5. Windows トラブルでお困りの時は…
お問い合わせフォーム
作者の齋藤実の顔写真

Author by 

IT トラブルの現場をよく知る専門性を買われて、All About、Biz コンパス、ウイルスバスターチャンネルといった専門色の強い大手 WEB メディアでも活躍中。雑誌やラジオへ出演したこともあり。

こんにちは、パソコンが苦手な人でも安全で簡単にできるトラブルシューティングを書きました。この記事がトラブル解決に役立ったならとても幸いです! ぜひご活用いただければと思います。

10周年の節目になりましてホームページを新デザインに移行中です。古いデザインのページもありまして大変申し訳ありません。東京、秋葉原のパソコン修理 オレンジセキュアサービス株式会社です。Ver.5.1.1

データとは?システムとは?

そもそも、保存しているファイルに「これはデータです」や「これはシステム(プログラム)です」といった設定が付いているわけではありません。

たとえば、データと言えば写真などのように自分で作ったファイルを表現しますが、データを保存するときにこれはデータですという設定はしません。そのため、データやシステムという厳密な分類が Windows10 にはなかったります。それでは何をもってシステムと判断しているのでしょうか。

  • システムの復元は、拡張子ベース
  • この PC を初期状態に戻すは、フォルダベース

同じ Windows10 なのに、システムの復元では特定の拡張子をシステムと判断しますし、この PC を初期状態に戻すの個人データを残すオプションでは Windows フォルダといった特定のフォルダをシステム(それ以外のフォルダをデータ)と判断しています。

ちなみに拡張子とは、たとえば写真ですと「ファイル名.jpg」のようなそのファイルがなんのファイルなのかを識別するための情報です。

システムの復元で操作されたフォルダの画像。exeやdllだけ復元されています。
システムの復元は「.exe」や「.dll」など特定の拡張子をシステムと判断しています。

システムの復元は、プログラムで使われる代表的な拡張子でもあります「.exe」をシステムと判断します。そして、たとえば「ファイル名.jpg」を「ファイル名.exe」に書き換えますと、データなのにシステムの復元でコントロールされるようになります。

ちなみに、この後でご紹介します(この下にある)裏ワザのテスト動画では、zip ファイルを exe に変更し、システムの復元で復活させてみました。テストは無事成功しました!

なお、システムの復元はデータで使われる拡張子を対象としていないため、今回のようにあえて exe などの拡張子に変更しない限り、データが消えたり、データが復活することはありません。

システムの復元の注意点

システムの復元は拡張子でシステムを識別しておりますが、実は、プログラムなどのシステムがすべて対象というわけではなかったりします。不完全な仕組みであり注意も必要です。

当社 YouTube チャンネルの システムの復元後にパソコンが起動しなくなるトラブルの理由に迫ります! のテストでは、システムの復元ですべてのシステムがコントロールされていないことを確認しました。プログラムでも特定のファイル(一部のファイル)しかコントロールされていないのです。

不透明な部分も多いため、もしオリジナルの業務システムをお使いのパソコンでシステムの復元を行う必要がある場合は、システムの復元でデータに影響が出るのか出ないのか、開発元に事前に確認しておきたいところです。またゲームのデータが重要な一般ユーザーの方も、開発元に事前に確認しておきたいところです。

これはシステムの復元でコントールされてしまう拡張子を使っているかどうか?が開発元でしかわからないためです。*デスクトップやマイドキュメントにデータを保存するようなソフトウェアはデータが消える心配はありません。主にオリジナルの業務システムやゲームはプログラムのほうでデータを持つケースが多く、消えてしまう可能性もあります。

システムの復元【裏ワザ】テスト動画です!

システムの復元【裏ワザ】データをバックアップして復活させてみました!

テキストファイルと圧縮ファイル(フォルダ)を exe に変更して、システムの復元でコントールしてみました。exe ファイルを削除後にシステムの復元を行ったところ復活しました。テスト成功です!この動画は 5 分 48 秒あります。以下のリンクはこの動画のタイムラインです。

システムの復元の裏ワザでよくあるご質問FAQ

システムの復元でデータをバックアップするメリットは?

システムの復元でバックアップするメリットはありません。むしろデメリットしかありません。まず復元ポイントで使われる領域が肥大化して無駄です。それとシステムの復元を試してパソコンが起動しなくなるトラブルもあります。データを復活させようとシステムの復元を試してもパソコンが起動しなくなってしまったら意味がありません。そのような不確定要素もあります。この記事や動画は、システムの復元の仕組みを理解するために作ってみました。

復元ポイントが消えました。復活させる裏ワザは?

システムの復元を試しているうちに、他にもあった復元ポイントが消えていることがあります。この場合は復活させる裏ワザというよりも、他のメンテナンスで Windows を直す必要があります。詳細は システムの復元で復元ポイントが無くなった、消えてしまった原因と5つの直し方 をご確認ください。

Dドライブにソフトウェアをインストールするメリットはありますか?

システムの復元をかけた時にソフトウェアに影響が出ないように、Dドライブのほうへインストールした、というお話を聞く機会がありますが、実はこの効果はありません。システムの復元を行いますとレジストリという Windows のデータベースが変更されてしまうため、Dドライブにプログラムが残っていても Windows で動作ができずエラーになり使えません。ソフトウェアを残される場合はイメージバックアップがおすすめです。

システムの復元とイメージでシステムを回復との違いは?

システムの復元は、復元ポイントの状態に一部のシステムが戻るだけでデータなどはそのままです。イメージでシステムを回復は、イメージバックアップを行った日の状態に Windows も設定もデータもすべてが戻ります。

システムの復元とこのPCを初期状態に戻すとの違いは?

このPCを初期状態に戻すは、購入時の状態に戻ります。データを残すオプションもありますが、メールの Mozilla Thunderbird や PC 版 Line など一部データは残りません。システムの復元は、復元ポイントの状態に一部のシステムが戻るだけでデータなどはそのままです。