「ディスクはフォーマットされていません」とは?!

その前に「今すぐフォーマットしますか?」は、必ず「いいえ(N)」をクリック!

外付けハードディスク、USB メモリ、SD カードといったメディアを開いたときに「ドライブ F のディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」このエラーが表示されたら… 必ず「いいえ(N)」ボタンをクリックしてください。なぜなら…

「はい(Y)」ボタンでフォーマットすると、新しい状態に変わってしまいます。トラブルが起きているところにフォーマットをかけてしまうと、不具合や不整合が起きた状態で確定することになり、もともとボロボロな状況に追い打ちをかけることになります。

そしてこの「ディスクはフォーマットされていません」ですが、OS( Windows )レベルで使う情報にトラブルが起きています。外付けハードディスク、USB メモリ、SD カードなどに保存されているのはデータだけではなく、そのメディアの記録方法など OS で使用するための重要な情報も保存されています。この情報にトラブルが起こると、そのメディアが何ものなのか不明になるためエラーが発生します。

ちなみに、Windows であれば NTFS と FAT32 があり、Mac と共有する場合は FAT32 で使うなど、カスタマイズできます。そして箱となるメディアの問題ではなく、この保存されている情報が消えたり、不整合が発生しています。ただし、メディアの劣化が起因して情報がおかしくなることもあり(故障が原因の場合もあり)、うかつにあれこれ試すと悪化する恐れもあります。ここは要注意です。

それでは「ディスクはフォーマットされていません」について、その障害となっている原因と注意点、対処法をご説明します。

「ディスクはフォーマットされていません」をレポートします

外付けハードディスク、USB メモリ、SD カードの中には、データだけではなく、そのメディアの記録方法やその他、OS レベルで使ういろいろな情報も保存されています( 以下 OS 情報に統一 )。繰り返しになりますが、データだけではありません。

具体的には、ボリューム(E:)(F:)(G:)(H:)の先頭に、ここからスタートしますという OS 情報があります。NTFS ですので「NTFS」の呪文から始まります。なお、画像はボリューム(F:)のスタート位置です。次に進みます。

ボリューム(F:)の OS 情報をゼロ上書きで壊してしまうと…

Windows がきちんと認識できずローカルディスク(F:)という名称に変わってしまいましたが、クリックすると「ドライブ F のディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」で開けません。またボリューム(F:)のスタート位置のみ壊しましたので、他のボリュームに影響はありません。

ちなみにボリューム(H:)の FAT32 は「FAT32」の呪文から始まります。

人為的に再現できるため OS 情報を消しました。しかし、このようなソフトがないとあえて消したり変更することはできません。そこで「この操作を行うと OS 情報が消えてしまう、不具合を起こす」という法則はありません。ただしデータ量がギリギリというケースを多く見かけますので容量の 80% 未満に抑えたほうが良いでしょう。その他注意点などは「 なぜフォーマットされていませんエラーが発生するの? その注意点も 」こちらも読んでください。

このトラブルの処方箋

このトラブルの処方箋は、Windows PowerShell 又はコマンドプロンプトからの「 chkdsk 」コマンドです。

ちなみに、Windows PowerShell とコマンドプロンプトは Windows 純正のトラブル解決ツールです。Windows を開発している Microsoft 社が作っているのものです。