Windows ロゴ画面まで進むと停止したり再起動を繰り返す?!

セーフモードでも起動できず…

パソコンの電源を入れると「 Windowsを起動しています 」という Windows7 ロゴ画面で再起動を繰り返したり、Windows7 ロゴで停止してしまいます。さらにセーフモードでも起動不可です。昨日までトラブルなく使えていたのになぜでしょうか?!

この Windows ロゴで再起動または停止してしまう場合、Windows のプログラムや設定ファイル、ドライバに問題が生じています(以下総称してシステムファイル)。

そしてシステムファイルが偶発的に壊れたという原因不明のケースもあれば、アップデートに失敗した、強制終了した、ウイルス感染など、原因を把握できるケースもあります。

ちなみに「このシステムファイルが壊れるとこの症状が発生する」というような限定的、固定的なものではありません。要因を挙げればキリがないと言えるでしょう。

この Windows ロゴで再起動または停止してしまうトラブルの処方箋は「スタートアップ修復」と「システムの復元」です。「コンピュータの修復」画面からクリックだけで簡単に Windows トラブルが直せます。

それでは以下の構成で Windows ロゴで再起動または停止してしまう場合の対処法と注意点をレポートします。

  1. Windows ロゴで再起動または停止してしまう原因について
  2. Windows ロゴで再起動または停止してしまう場合の対処法
  3. 万が一、復旧できないときは…

Windows ロゴで再起動または停止してしまう原因について

Windows を起動していますという Windows ロゴが表示されている段階では、Windows の核となる重要なシステムファイルだけが読み込まれています。そのため、トラブルを起こしている原因は重要なシステムファイルということになります。

ただ珍しいケースになりますが、例外の事例もあります。増設のハードディスクが故障してこの症状になることもあります。増設ハードディスクを Windows が認識した段階で応答待ちになり、Windows も進めなくなります。もしハードディスクを増設している場合はパソコンから取り外し、Windows がインストールされたハードディスクのみ接続し起動を試してみてください。念のため、USB ハードディスクや USB メモリといった周辺機器も外しておいたほうが良いでしょう。

増設ハードディスクや周辺機器を外しても改善しない場合は Windows の重要なシステムファイルにトラブルが起きています。そしてトラブルを解決する処方箋としては「スタートアップ修復」と「システムの復元」があります。

スタートアップ修復で行っている点検項目は多岐に渡ります。ちなみに Microsoft 社の情報によると、レジストリの破損、システムおよびドライバ ファイルの不足または破損、ファイル システム メタデータの破損、問題のある、または互換性のないドライバのインストール、その他、重要な部分をチェックし修復してくれます。スタートアップ修復でほぼほぼ復活するでしょう。

しかし、スタートアップ修復では壊れたプログラムを直したり、消失したプログラムを復活させることはできません。これらに原因がある場合はシステムの復元でトラブルを直せます。なお、システムファイルはアップデート時にシステムの復元というバックアップが保存されます。システムの復元で正常に起動する過去のポイントに戻せばトラブルが起きる前の状態に戻ります。

右のリンクは、Windows ロゴ画面で停止するトラブルを直した、修復成功の事例です。 「Windows7 ロゴで停止」の起動修復事例 当社の実績ブログに移ります。

Windows ロゴで再起動または停止してしまう場合の対処法

Windows ロゴで再起動または停止してしまうトラブルの処方箋は「スタートアップ修復」と「システムの復元」です。これらのトラブル解決ツールはシステム回復オプション画面にあります。

もし作業中に青い画面で停止する STOP エラー が表示される場合は Windows DVD からの作業が必要になります。その場合は スタートアップ修復が停止する、終わらないの対処法 のコラムでご確認ください。

注意点としては「スタートアップ修復」及び「システムの復元」が完走せずに停止する、失敗したメッセージが表示される、動作が遅く進行が進まない場合は、ハードディスク故障の可能性もあります。作業を繰り返すと悪化させてしまいます。不良セクタとは? その注意点も も読んでみてください。ハードディスクの末期症状から故障するまでをレポートしています。

修復手順について

「詳細ブート オプション」画面を呼び出します。パソコンの電源を入れてからキーボードの「 F8 」キーを何回か押します。具体的には、パソコン・メーカーのロゴが表示され → まっ黒画面 → Windows ロゴと流れますが、この「まっ黒画面」のときにキーボードの「F8」キーを押します。

「詳細ブート オプション」画面が表示されたら「コンピュータの修復」を選択し、キーボードの「 Enter 」キーを押します。

「システム回復オプション」画面が表示されたら「次へ(N)」ボタンをクリックします。キーボードの入力方式は「Microsoft IME」のままで大丈夫です。

自分のユーザー名を選択し、パスワードを入力し、「OK(O)」ボタンをクリックします。

通常は自動的にスタートアップ修復が始まります。もし「回復ツールを選択してください」画面が表示される場合は「スタートアップ修復」をクリックすると始まります。

通常はこの「スタートアップ修復」画面が表示され、終わるのを待つだけです。
この画面が出る場合は「スタートアップ修復」をクリックすると始まります。

「修復しました」というメッセージの場合は、無事起動することをご確認ください。また下の画像のように「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面が出たら右上の「×」ボタンをクリックします。

スタートアップ修復で失敗する場合は「システムの復元」を試してみます。

次に「システムの復元とサポートの詳細オプションの表示」をクリックします。

「回復ツールを選択してください」画面が表示されたら、今度は「システムの復元」をクリックします。

「次へ(N)」ボタンをクリックします。

「システムの復元」画面が表示されたら、まずは最新の復元ポイントを選択し、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

復活しない場合は違う日付のポイントに変更し、試してみます。

「完了」ボタンをクリックします。

「はい」をクリックすると、システムの復元の処理が始まります。

この次で修復の処理が始まります。自動的に処理が進み、終わるのを待つだけです。

この画面が表示されたら「再起動」をクリックし、無事起動することをご確認ください。

もし起動に失敗する場合は上記の日時を違うポイントに変更し、試してみます。

その他、「システム イメージの回復」はイメージファイルというバックアップファイルを作成している場合のみ使えます。ただしシステムの復元とは違い、作成日の状態に Windows も「データもすべて過去に戻ります」(システムの復元の場合、データはそのままです)。また「Windows メモリ診断」はメモリという部品を検査します。「プログラムが終了しました」といった異常なエラーメッセージが表示される場合は試してみます。「コマンド プロンプト」はプログラムのようなコマンドを使って Windows を直します。起動トラブルを直すコマンドが数多く準備されているのですが、ITに精通していないと難しく上級者向けです。