NAS(LinkStation、TeraStation、LAN DISK)を認識しない、アクセスできない時の対処法

NAS(LinkStation、TeraStation、LAN DISK)を認識しない、アクセスできない時は?

初動処理で結果が大きく変わります!

NAS メンテナンス

LinkStation、TeraStation、LAN DISK といった NAS を認識しない。管理ソフトからアクセスできない。「ファームウェアのアップを実行せよ」と表示が出たので、とりあえず実行してみるか・・・ しかし、そのとりあえずが致命傷を与えてしまうことも。

ハードディスク故障がトラブルの原因である場合は、書込みなどの負荷を与えたり、また通電時間が長ければ長いほどデータを壊してしまうといった被害拡大につながってしまいます。ここは要注意です。原因がわかるまでは、とにかく負荷をかけないこと、通電時間を最小限に抑えることが重要です。管理ソフトの情報はアバウトなため、とりあえずの作業は厳禁です。

そこで初動処理として何をすればよいのでしょうか。まずは原因の把握です。NAS のランプを確認し、次にハードディスク検査を行います。そして NAS のハードウェアに問題がないことを確認したら、メッセージにしたがってファームをアップします。

それでは以下の構成で NAS を認識しない、アクセスできない場合の対処法についてレポートします。

  1. NAS を認識しない、アクセスできない時の初動処理と解決策
  2. NAS のハードディスク検査方法
  3. 万が一、NAS トラブルから復旧できない時は

NAS を認識しない、アクセスできない時の初動処理と解決策

見た目はとても小さいのですが、NAS は立派なサーバマシンです。NAS の構成は、本体( CPU、メモリ、通信、USB、ファンなどの部品)と、ハードディスク、 OS とアプリケーションです。つまりサーバやパソコンと同じです。大きな違いと言えば、NAS はメーカー独自の部品を使っているくらいです。そしてトラブルを切り分ける考え方は NAS もサーバもパソコンも同じです。そこでもし NAS を認識しない、アクセスできない場合は、本体、ハードディスク、OS のどこにトラブルがあるのかを切り分けて対処します。

本体の故障
NAS の本体には、1 枚基板で CPU、メモリ、通信、USB といった部品が搭載されています。そして内部の温度を一定に保つファンや、TeraStation では電源ボックスがあります。そこでコンピュータ全般のトラブルで考えた場合、もし仮にメモリの故障でピーピー鳴り起動できない場合は、メモリ交換で復活します。このようにハード面の故障は単純で、壊れたものを正常なものに交換修理すれば復活します。

対処法としては、壊れた部品を交換することで復活します。たとえばファンの故障で起動しないのであれば、ファンを交換するだけで無事復活します。ただし、どの部品も汎用部品ではないため、秋葉原で修理パーツを入手することはできません。もし「コントローラ異常」、「基板故障」、「ファンエラー」、その他筐体のトラブルの場合はハードディスクを取り出し、違う筐体に接続してください。なお、NAS のデータ復旧を大実験!仕組みを大公開 で詳しい手順をレポートしています。

NAS 本体の画像

ハードディスク故障(末期症状)
ある日突然、故障するケースもあれば、どんどん弱り、最後に故障するという末期症状もあります。そしてまだかろうじて動作し、近いうちに動作不能(故障)になるようなケースでは、エラーコードでハードディスク故障を検出できない場合もあります。ちなみに動作不能になるような故障であれば、エラーコードで検出されます。このように検出されない隠れ不良状態もあり、うかつな作業をしてしまうと悪化させてしまう恐れもあります。

復旧を試すときはハードディスクの検査が重要です。検査方法については以下でレポートします。なお、万が一、ハードディスクに故障がある場合は「データを引っこ抜く」しかありません。ハードディスク内にデータがあるため、上記「本体の故障」のような交換修理はできません。お困りの際は実績豊富な当社へお任せください。

NAS 本体の画像

OSのトラブル
NAS には Linux をカスタマイズした OS が搭載されています。ちなみに LANDISK には Windows モデルもあります。この OS にトラブルがあれば起動に失敗します。ところが RAID 情報のトラブルも含めて、このトラブルであれば、NAS Navigator などの管理ソフトからエラー情報を取得できます。まったく認識しない状態になるのは珍しいと言えるでしょう。そして NAS を認識しない、アクセスできない場合は、確率的に「本体の故障」、「ハードディスク故障(末期症状)」であり、どれも正常なら、残るは OS のトラブルを疑ってください。なお、OS は上記ハードディスクに記録されています。

対処法としては、ファームウェアのアップデートなど、メーカー指定のトラブル解決策を行います。

パーテーション
解決のイメージ画像

そしてNAS を認識しない、アクセスできない時の初動処理としては、管理ソフトから情報を取得できるか確認します。次に NAS トラブル発生時は本体のランプが点滅します。そこからエラーコードを把握します。悪化防止のため、ランプを確認したら NAS の電源を落としてください。

NAS の電源を落としたら、ハードディスクの検査を行います。万が一、ハードディスク故障(末期症状)があると悪化させてしまう恐れがあります。悪化するとデータを壊してしまうこともあり、事前に検査を行います。

もし本体のランプが NAS 本体の故障であれば交換修理を行います。またもし管理ソフトから情報を取得できる場合は、ファームウェアのアップデートなど、メーカー指定のトラブル解決策を行います。

ちなみに管理ソフトからアクセスできる場合ですが、LAN 上の各パソコンからのリクエストには応えていることになります。つまり起動しているため、本体の故障はまずないでしょう。

NAS のハードディスク検査方法

ハードディスクには「S.M.A.R.T.」という故障の予測を目的とした機能がもともと備わっていて、何かしらの劣化があると記録される仕組みになっています。こちら使用中に記録されていきますので、長時間負荷をかけるような検査をしなくても代用できます(トラブルの記録と考えても良いでしょう)。

ハードディスクに故障がない場合は、たとえばファームウェアのアップデートなど管理ソフトが表示する修復方法を試してください。もし万が一、ハードディスクに故障がある場合は修復不可です。データを引っこ抜くしか手段は残っていません。

「S.M.A.R.T.」情報を見ることができる「CrystalDiskInfo」という優秀なフリーソフトがあります。日本語表示です。ダウンロードしてインストールしてください。リンクはこのページの下に貼ってあります。

NAS 本体から取り出したハードディスクを USB変換ケーブルでパソコンに接続します。セカンダリに接続すると負荷をかけてしまいますので、できれば USB変換ケーブルにしてください。

なお、パソコンからフォーマットやパーテーションの操作などをすると、修復も最悪はデータ復旧も不可能な状態になってしまいます。検査以外の操作はNGです。ここは要注意です。

それでは NAS 本体から取り出したハードディスクを USB変換ケーブルでパソコンに接続し、以下に続きます。

NAS のハードディスク検査方法

CrystalDiskInfo を起動します。左のドライブはお使いのパソコンの内臓ドライブ(Cドライブ)です。右のドライブをクリックします。

「CrystalDiskInfo」画面

赤線の「代替処理済のセクタ数」、「代替処理保留中のセクタ数」、「回復不可能セクタ数」の列「生の値」を見ます。この3つの中で「1」以上発生していて、トラブルが起きた場合はハードディスク故障です。

「CrystalDiskInfo」画面

ちなみにですが、これらは劣化の値です。厳密には劣化イコール故障ではありません。劣化しても問題なく使えるなら正常の範囲です。たとえば値が「100」でもトラブルが無い場合は「正常(許容範囲)」です。極端な話リカバリも可能ですし、使用上の問題もありません。ただし、仮に値が「1」しかない状態でも、コントロールできずにトラブルを起こす場合は「故障」です。急激に劣化するケースでは、値が小さくてもトラブルを起こします。ポツリポツリと発生するケースでは値は大きくなりますが普通に使えます。

ハードディスクに故障がない場合は、たとえばファームウェアのアップデートなど、管理ソフトが表示する修復方法を試してください。