Pc Repair

スタートアップ修復を繰り返す、失敗するの原因と対処法

スタートアップ修復を繰り返したり、失敗する…

システムの復元を実行します! >> Windows8 自動修復の失敗 はこちら

システムの復元

パソコンが起動できず、スタートアップ修復が表示された。無事に完了したが再起動すると再びスタートアップ修復を繰り返す、また「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面で失敗する。これはなぜでしょうか?!

このスタートアップ修復は、パソコンが起動しない場合にその原因を分析し直す、自己修復機能です。Windows7(Vista)から搭載されたトラブル解決ツールです。

そこでスタートアップ修復を繰り返す場合も、失敗する場合も理由は同じく、Windows やドライバといったプログラムが壊れています。具体的には Windows アップデートで失敗した、プログラムのインストールで失敗したというケースが多いのではないでしょうか。

なお、スタートアップ修復では壊れたプログラムを直したり、消失したプログラムを復活させることはできません。しかし、万が一、スタートアップ修復で失敗する場合でも、システムの復元からトラブル前に戻すことができるのです。

それでは以下の構成で、スタートアップ修復を繰り返したり、失敗する場合のトラブル復旧方法をレポートします。

  1. なぜスタートアップ修復で失敗するのでしょうか?!
  2. システムの復元でトラブル前に戻す手順
  3. 万が一、復旧できないときは…

なぜスタートアップ修復で失敗するのでしょうか?!

Windows XP でトラブルが起きた場合は Windows CD からコマンドを使って修復を試すしかありません。つまりパソコンに精通していない限り、トラブル=手も足も出ないというのが実際のところです。そして Windows7(Vista)はこのスタートアップ修復という自己修復機能が搭載され、XP 時代では解決が難しかったトラブルでも簡単に修復できるようになりました。

ところが「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」という失敗が表示されたり、修復が完了したメッセージでも再起動後にスタートアップ修復を繰り返したり修復できません。これはなぜでしょう。

スタートアップ修復で自動的に行っている点検項目は多岐に渡ります。ちなみに Microsoft 社の情報によると、レジストリの破損、システムおよびドライバ ファイルの不足または破損、ファイル システム メタデータの破損、問題のある、または互換性のないドライバのインストール、その他、重要な部分をチェックし修復してくれます。

しかし、スタートアップ修復では壊れたプログラムを直したり、消失したプログラムを復活させることはできません。またアップデートやインストールが途中の状態で不具合を起こしている場合も直すことができません。これらに原因がある場合はスタートアップ修復で失敗します。

Windows が起動しなくなるような核となる設定ファイルやプログラムは、アップデート時に「システムの復元」というバックアップが保存されます。そこでシステムの復元で過去のポイントに戻せば、問題を起こしている設定ファイルやプログラムをトラブル前の状態に戻せます。なお、こちらの当社実績ブロクの記事「 「スタートアップ修復が失敗する」の起動修復 Win7 」では、システムの復元を実行し、システムが正常だった状態に戻すことでパソコンが起動すようになりました。

このように Windows やドライバといったプログラムが壊れている場合は、システムの復元からしか直せません。スタートアップ修復を繰り返す場合や、失敗する場合は、システムの復元から正常だった状態に戻します。

システムの復元でトラブル前に戻す手順

まず「詳細ブート オプション」画面を呼び出し「コンピューターの修復」を選択します。「システム回復オプション」画面まで進み、「システムの復元」を実行します。

なお、「システム回復オプション」画面が表示される前に青い画面で停止する「 STOP エラー」が表示される場合は Windows DVD から修復を試します。Windows DVD は画面が多少違いますので 「スタートアップ修復が停止する、終わらない」の原因と対処法 のコラムで確認してください。こちら Windows DVD からの作業方法を書いています。

もし万が一、最新の復元ポイントでもパソコンが起動しない場合は、次の復元ポイントを試します。それでは修復を試しましょう。

システムの復元を実行する方法

「詳細ブート オプション」画面を呼び出します。パソコンの電源を入れてからキーボードの「 F8 」キーを何回か押します。具体的には、パソコン・メーカーのロゴが表示され → まっ黒画面 → Windows ロゴと流れますが、この「まっ黒画面」のときにキーボードの「F8」キーを押します。

「詳細ブート オプション」画面が表示されたら「コンピュータの修復」を選択し、キーボードの「 Enter 」キーを押します。

詳細ブート オプション

「システム回復オプション」画面が表示されたら「次へ(N)」ボタンをクリックします。キーボードの入力方式は「Microsoft IME」のままで大丈夫です。

システム回復オプション画面1

自分のユーザー名を選択し、パスワードを入力し、「OK(O)」ボタンをクリックします。

システム回復オプション画面2

セーフモードで起動しない場合、自動的にスタートアップ修復が始まりますので終わるまで待ちます。

スタートアップ修復

「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面が出たら右上の「×」ボタンをクリックします。

「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面

次に「システムの復元とサポートの詳細オプションの表示」をクリックします。

「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面2「システムの復元」はここから呼び出します。

「回復ツールを選択してください」画面が表示されたら、「システムの復元」をクリックします。

「回復ツールを選択してください」画面

「次へ(N)」ボタンをクリックします。

システムの復元

「システムの復元」画面が表示されたら、まずは最新の復元ポイントを選択し、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

システムの復元2復活しない場合は違う日付のポイントに変更し、試します。

「完了」ボタンをクリックします。

システムの復元3

「はい」をクリックすると、システムの復元の処理が始まります。

システムの復元4この次で修復の処理が始まります。自動的に処理が進み、終わるのを待つだけです。

この画面が表示されたら「再起動」をクリックし、無事起動することを確認します。

システムの復元5もし起動に失敗する場合は上記の日時を違うポイントに変更し、試します。

その他、「システム イメージの回復」はイメージファイルというバックアップファイルを作成している場合のみ使えます。ただしシステムの復元とは違い、作成日の状態に Windows も「データもすべて過去に戻ります」(システムの復元の場合、データはそのままです)。また「Windows メモリ診断」はメモリという部品を検査します。「プログラムが終了しました」といった異常なエラーメッセージが表示される場合は試します。「コマンドプロンプト」はシステムの復元をオフにしている場合に使います。例えばトラブルの原因になっているプログラムを削除するなど。システムの復元が有効であれば Windows システムを過去に戻せるので使いません。

システム回復オプション