「ドライブ F: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」の原因と対処法

「フォーマットする必要があります」の原因について

なぜ「フォーマットしますか? 」と聞かれるのでしょうか?!

ドライブを使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?

外付けハードディスク、USB メモリ、SD カードといったメディアを開いたときに「ドライブ F: を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」(以下「フォーマットする必要があります」で統一)とエラーが表示され、他のパソコンに接続してもこのエラーが表示されます。どのような不具合が起きているのでしょうか?

ひと言でまとめれば、フォーマットが不明な状態になっています。ちなみに、このフォーマットの意味はデータの記録方法です。Windows の記録方法は NTFS、FAT32 があり、Mac では HFS+、Linux では Ext3 などがあります。そして記録方法が不明であればそのメディアへ読み書きすることができなくなります。そしてそのメディアを使えるように、フォーマットしますか? と聞いてきます。

なお、フォーマットすることによってデータの記録方法を再設定できます。そしてそのメディアを再び使うことができます。しかし、保存していたデータは消去されてしまいます。さらにトラブルの状態で確定してしまうため、データ復旧が難しくなります。フォーマットをかけると元通りの状態に復活するわけではありません。必ず「キャンセル」をクリックしてください。ここは要注意です。

ちなみに Windows8、7、Vista は「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」というメッセージを表示しますが、Windows XP は「ディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」というメッセージです。多少の文言は違いますが、トラブルの内容や注意点は同じです。こちらのコラムもぜひ読んでみてください(このページ内にリンクあり)。

それでは以下の構成で「フォーマットする必要があります」エラーの原因と注意点、対処法をレポートします。

  1. フォーマットが不明な状態とは?
  2. フォーマットする必要がありますの原因と注意点
  3. フォーマットする必要がありますの復旧手順
  4. 万が一、復旧できないときは…

フォーマットが不明な状態とは?

外付けハードディスクやデジタルカメラ( SD カード・ CF )、USB メモリの中には、データだけではなく、そのメディアのフォーマット方法なども記録されています。そしてこの記録がわからなければどのフォーマットなのか不明になるため、フォーマットする必要がありますエラーになり、さらにフォーマットしますか? とフォーマットすることを促されます。

NTFSNTFS フォーマットの場合は「NTFS」の宣言から始まります。またテキストなどのファイルではなく、このように直接書き込まれています。

ちなみにですが、メディアは保管庫のようなもので、フォーマットは保管庫内の棚や仕切りといったところです。保管庫内のレイアウトを変更するように、NTFS フォーマット又は FAT32 フォーマットに変更できます。上の画像は「NTFS」で下の画像は「FAT32」の宣言から始まりますが、パソコンはこの宣言を読み込んでフォーマットを識別しています。

FAT32Windows は NTFS、FAT32 があり、Mac では HFS+、Linux では Ext3 などがあります。

そしてこの宣言が壊れていたりアクセスできない場合、どのようなフォーマットなのか識別できず「フォーマットする必要があります」エラーが発生します。この画像のようにあえて「NTFS」の宣言を「00(ゼロ)」で潰していくと、フォーマットする必要がありますエラーになります。

NTFSを消すこの宣言を壊すと「フォーマットする必要があります」エラーになる。
フォーマットする必要がありますちなみに Windows8、7、Vista マシンに接続すると「フォーマットする必要があります」になる。
フォーマットする必要がありますWindows XP に接続した場合は「フォーマットされていません」という表示になる。

フォーマットする必要がありますの原因と注意点

フォーマットの宣言はテキストなどのファイルではなく、上の画像のように直接書き込まれています。そしてユーザーが間違えて削除したり、壊すことはできません。またあえてソフトウェアをインストールしない限り、この宣言を見ることすらもできません。つまりユーザーから見ればコントロール不可能なわけです。それではなぜフォーマットする必要がありますエラーが起きてしまうのでしょうか?

1. パソコンの誤作動

プログラムのインストールに失敗し、再起動したらすんなりインストールできたというようなケースもあります。このように再起動だけで順調になるようなパソコン側の一時的な誤作動により、この宣言を書き換えてしまうことがあります。もちろん、一時的な誤作動のため、故障パーツもなく、再現もできません。またフォーマットを行えば、そのメディアが使えるようになります(ただしデータは消えてしまいます)。

2. ディスク容量いっぱいにデータを保存している

外付けハードディスクやデジタルカメラ( SD カード・ CF )、USB メモリに限らず、パソコンでもトラブルの起こる要因として「ディスクの容量いっぱいまでデータを保存する」があります。目安としては、データ容量が 80% を超えるとトラブルが起きる可能性が出てきます。なお、USB 機器を取り外す際は「安全な取り外し」機能を使ってください。書き込み中にひっこ抜いてしまうと情報が中途半端になりアウトです。

3. インターフェースの不具合

メディアとパソコンの接点のトラブルです。たとえば外付けハードディスクの場合、分解するとハードディスクと USB 変換する基盤があります。そしてこの USB 変換する基盤が故障し、処理能力が不安定になることもあります。パソコン買替時のデータ引越し用に、ハードディスクを USB 変換する部品が家電量販店で販売されていますので、こちらでパソコンに接続します。またパソコン側の差込口や Windows がメディアを正常に認識しないというケースもあります。他のパソコンに接続して解決することもあります。

4. セクタ不良などの故障

ハードディスクやメモリの故障の影響で、この宣言を読み込めなくなれば「フォーマットされていません」エラーが発生します。なお、ハードディスクの場合は検査方法がありますので以下に続きます。また USB メモリについては目視で確認します。パソコンへ接続した際に USB メモリに内蔵されている LED がピカピカと点滅しますが、この点滅が異常に遅く数秒以上続きます。応答速度が遅くなっているためこのような現象になりますが、完全に故障するのは時間の問題です。

まとめをイメージする画像

1 から 3 までの原因であれば状態が悪化することはありません。したがって復旧をどんどん試すことができます。しかし、ハードディスクに故障がある場合は、フォーマットするよりも状態が悪くなってしまうことも。そこで状態を悪化させないためにも、復旧を試すときはハードディスクの検査を先に行います。以下に続きます。

フォーマットする必要がありますの復旧手順

フォーマットを識別できなければエラーになり、そしてフォーマットをかけるまではそのメディアを使うことができません。つまりパソコンでデータを読み書きするための根本の仕組みにトラブルが生じています。そしてコントロールパネルからちょこちょこっと操作すると復活するような簡単なトラブルではありません。もちろん、1 ヶ月放置すると「フォーマットする必要があります」が解除されるわけでもありません。一般的な環境で保存されているデータを救出するには、データ復旧ソフトしか選択肢はありません。

なお、最も注意したいこととしては、ハードディスクの検査を行うことです。これはもしハードディスクに故障がある場合は悪化させてしまう恐れもあるためです。まずはハードディスクの検査を行い、正常であればデータ復旧できるかを試します。*USB メモリや SD カードといったメモリ系部品は仕組みがないため挙動を目視で確認してください。

1.ハードディスクの検査を行う

ハードディスクの SMART 情報を確認します。SMART とは Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology の省略で自己診断機能です。トラブルがあれば記録されますので、トラブルがないことをこの記録で確認します。なお、この画像のように「正常」と出ていれば、トラブルが一切記録されていないとてもきれいな状態です。ガンガン復旧を試せます。また「異常」、「注意」と表示される場合は故障と判断してください。詳細は 不良セクタとは? その注意点も も読んでください。

smart情報

2.データ復旧ソフトを試す

ハードディスクに故障がなければデータ復旧ソフトを試します。まずはお試し版でテストしてください。これはデータ復旧ソフトは知識が不要な反面でオートマチックな作業しかできず、そしてこのオートマチックの解析に失敗すればデータを取り出すことができないためです。そこで、もし失敗する場合は違うソフトを試します。なお、ソフト毎にプログラミングは違うでしょうから「こっちは失敗して、あっちは成功する」なんてこともあるかもしれません。データが取り出せる場合は購入を検討します。ちなみに「データ復旧ソフト お試し版」でググると見つかります。