Pc Repair

Windows7 システム修復ディスクでブート系トラブルを修復する方法

Windows7 システム修復ディスクの使い方

この記事では Windows7 のシステム修復ディスクの使い方をレポートしています。なお、「 Invalid partition table 」、「 Error loading operating system 」、「 Missing operating system 」、「 A disk read error occurred 」、「 Windows ブート マネージャ 」というブート系のトラブル復旧を目的にレポートします。ちなみにシステム修復ディスクとは、DVD 版の「スタートアップ修復」です。

それでは Windows7 のブート系トラブルを復旧しましょう

システム修復ディスクからスタートアップ修復を実行します。ブート系のトラブルであれば、設定だけの問題ですので数分で解決します。もし万が一、時間がかかる場合は、ハードディスク故障も考えられます。悪化させてしまう恐れもあり、スタートさせて放置するのではなく、作業中は注意深く見守ってください。

ちなみに Microsoft 社さんの情報によると、この処理で「ディスク メタデータの破損 (MBR、パーティション テーブル、およびブート セクター)」、「ファイル システム メタデータの破損」、「ブート構成データの破損」をチェックし修復してくれます。つまりこの DVD で、ブート系のトラブルシューティングが自動的に完了します。

なお、「 Invalid partition table 」、「 Error loading operating system 」、「 Missing operating system 」、「 A disk read error occurred 」、「 Windows ブート マネージャ 」がブート系のトラブルになりますが、「 A disk read error occurred 」のみはファイルシステムとも関係するため、1 時間くらいかかる場合もあります。その他は数分で終わります。

システム修復ディスクからの修復方法

システム修復ディスクの DVD からパソコンを起動します。DVD からの起動方法がわからない場合やエラーがでる場合は、お使いのパソコンメーカーさんに確認してください。特殊なケースもあります。

システム修復ディスクDVD からの起動に成功するとこの画面になります。

この画面になったら「日本語(日本)」を選択し、「Next」ボタンをクリックします。

System Recovery Options
System Recovery OptionsMicrosoft IME のままで大丈夫です。

この「システム回復オプション」画面が表示されたら終わるまで待ちます。

システム回復オプション

数分のうちに「スターットアップ オプションに問題が見つかりました。修復を適用してコンピューターを再起動しますか?」画面が表示され、完了します。「修復して再起動する」ボタンをクリックし、再起動してください。これで元通り起動するようになります。

システム回復オプション