IT資産をお守りします!オレンジセキュアサービス株式会社。
トップページ法人のお客様個人のお客様宅配サービス資料・コラム会社案内
security

データ復旧ソフトで失敗する原因と注意点(物理的な故障)

トップページ > 資料・コラム > データ救出方法
公開日 : 2011年10月11日

データ復旧ソフトでデータが見つからないその理由1

物理的な故障で失敗することも…

失敗

データ復旧ソフトで失敗する原因は、まず大枠で2つに別れます。それはハードディスクに故障が起きているか、いないかということです。今回はハードディスク故障に限定して話を進めます。

ハードディスクの故障と一言でまとめてもその症状はまちまちです。激しい異音が出てれば誰でも故障と判断できるかと思いますが、たとえば転送速度の低下が起きてるなど故障寸前の場合は、エンジニアではないと判断できません。ちなみにある日突然故障する場合もあれば、劣化が進行し故障するというケース(余命期間のある場合)もあります。

そこでハードディスクに故障が起きている場合は正常に動作ができなくなるため、データ復旧ソフトでデータを見つけることはできません。このような誤作動で見つからない場合もあれば、ハードディスクがフリーズや停止するために失敗することもあります。

なお、ハードディスクに故障がある場合はダメージを与えてしまい、どんどん悪い方向に進んでしまいます。データ復旧ソフトを何回試しても結果は同じですので、1回だけ試し、万が一失敗した時は作業を中止してください。

それではデータ復旧ソフトで失敗する原因として、どのような故障があるのか? そしてダメージを与えないための注意点をご説明します。なお、ハードディスクが正常な場合は別の記事でご説明します。

物理的な故障と注意点について

ハードディスクから異音が聞こえたり、通電しても停止するなど五感で確認できる症状であれば故障と判断するのは容易ですが… 寿命の一歩手前と言いましょうか、故障寸前にトラブルが起こることもあります。よくある話で「 1 か月前から突然動作が遅くなったりフリーズするようになり、データをバックアップしようと思っているところで故障した」というケースがあります。このようにある日突然故障するのではなく、劣化が進行し故障するというケースもあります(故障寸前の状態)。

「最近どこか調子が悪い」というレベルであれば、まだまだデータ復旧ソフトを試すことはできます。ただし劣化が進んでいると誤作動を起こすため、データ復旧ソフトで失敗します。なお、故障寸前の状態でもっとも多いのはセクタ不良です。またヘッド不良、基盤不良も劣化が進行し故障することもあります。どの不良もある日突然故障する場合もあれば、劣化が進行し故障するというケースもあります。

なお、劣化は進行するだけで回復はしません。寿命までの残り期間はわずかです。うかつな作業は要注意です。そこでデータ復旧ソフトを試す場合は 1 回だけ試します。これは何回試しても結果は同じであることと、ハードディスクに故障がある場合は、何回も試すことで悪化させてしまう恐れもあるためです。

以下の症状が出る場合は故障している可能性が高く、作業中は放置せずに注意深く見守ってください。

こんな症状が出たら故障です

ハードディスクに故障が起きていると、通電だけでどんどん悪化し最終的には完全に壊れます。そしてデータの救出率も大きく低下する恐れがあります。そこで注意したいポイントを以下にまとめます。もし以下に該当する場合は、ほぼハードディスクに故障があると判断して間違いありません。大切なデータがある場合は作業止め、深刻なダメージを与えないよう保護してしてください。作業する前に 不良セクタとは? その注意点も こちらも読んでください。

トラブル発生前に使っていて急に固まる(フリーズする)ことがあった。

トラブル発生前に使っていて急に遅いと感じたことがあった。

データ復旧ソフトを試す前に、chkdsk コマンドを使ったら固まった。

電源投入時のメーカーロゴ画面の表示からスピードが遅く感じる(内蔵の増設ハードディスク)。

電源投入時にいままで表示されたことのない「S.M.A.R.T. ○○○」というメッセージが表示される(内蔵の増設ハードディスク)。

USB ハードディスクを接続した際に認識に時間がかかる。

マイコンピュータにそのドライブが表示されるまでに時間がかかる。

マイコンピュータに表示されたそのドライブを開こうとしたら固まる。

データ復旧ソフトのスキャン処理の進捗が止まっている、異常に遅くなることがある。

データ復旧ソフトのスキャン処理が異常に遅い(1TB の USB ハードディスクで 5 時間が目安)。

わずかでも今まで聞いたことのない音が出ている。

ハードディスクに故障の疑いがあるときは…

何を行うにしても不良個所で停止してしまいます。さらに悪化させてしまう恐れもあります。ハードディスクに故障の疑いがあるときはクローン(ハードディスクを丸ごとコピーする)を作成してから作業します。最近ではパソコンの引っ越し作業やバックアップ用として、デュプリケータ(クローンを作る機械)が家電量販店でも販売されています。劣化が軽度であれば市販のデュプリケータでもなんとかなるでしょう。

当社であれば市販のデュプリケータで失敗する場合でもクローンを作成できますし、データ復旧ソフトで失敗する場合でもデータを救出できます。万が一、大切なデータのバックアップを取っていない、困った… とお困りの際は実績豊富な当社へお任せください。また Windows の再インストールなど、修理も賜りますので、お気軽にお申し付けください。

【ご案内】

データ復旧方法

データ復旧サービスのご案内(出張、宅急便、お持込み)

高度データ復旧サービスのご案内

東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内

データ復旧実績ブログ 秋葉原のオレンジセキュアサービス株式会社。千代田区神田佐久間河岸70。

当社サービスをピックアップ

大規模、高度、保守

法人のお客様

200台規模ネットワークの Downadup ウイルスの駆除、RAID サーバのデータ復旧など、大規模でも高度な障害でも復旧実績が数多くあります。またトラブルの現場をよく知る当社には、事故を未然防止するセキュアなノウハウや IT 活用事例がぎっしりと詰まっています。障害復旧も保守もぜひお任せください。

PC 1台や周辺機器

法人/個人のお客様

これまで培ってきた技術と経験でパソコン 1 台やビデオカメラ、周辺機器のトラブルを、情熱を持ってしっかりと解決します。ひとつでも多くの困ったを解決し、これからもお客様との信頼関係を築いていきます。法人のお客様も個人のお客様も、高度な障害でも復旧する当社にお任せください。

お持ち込みは秋葉原

法人/個人のお客様

オンサイト(出張)でのサポートを基本としている当社ですが、宅配・持込みも受付けています。ひとりのエンジニアが複数台を作業できるため効率が良く、料金を格安に抑えています。もちろん品質はオンサイトと変わりません。ぜひお持ち込みもご検討ください。宅配で全国の困ったも解決します!


オレンジセキュアサービスとは?

2006年に創業し、サーバ保守メンテナンスやセキュリティ対策の提案と施工、またウイルス駆除やデータ復旧といったトラブルレスキューを一貫して行ってきました。本社は埼玉県の杉戸町にあり、埼玉県の熊谷市、行田市、東京都の秋葉原(千代田区)に支社があります。

敷地の大きな本社でサーバやネットワークの技術研究、導入前テストを行い、また小さな事務所ですが世界に誇る IT の街 東京・秋葉原でサポート業務や営業活動を展開しています。サーバや IT 業界の最新の情報を得るために(社)コンピュータソフトウェア協会に加盟しています。

トラブルレスキューやセキュリティ構築、保守の実績としては、市町村、国公立大学、高校、上場企業、中小企業、特殊法人、一般のお客様と幅広くご利用いただいています。また大手 SIer、事務機器販売店、地域電器店の皆様の保守やサポートを代行しています。

トップページ | 法人のお客様 | 個人(法人)のお客様 | 宅配・持込み | 資料とコラム | 会社案内 | 


オレンジセキュアサービスとぜひ交流を! Twitter | Facebook | データ復旧実績ブログ | 社長のブログ

  

このコラムで紹介している予防法や駆除方法など、すべての情報はユーザーの自己責任で利用して頂きます。もし情報を利用することで損害等が発生しても一切責任を負いません。また記事・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。もちろん引用は可能ですが、引用元となる当サイトへのリンクは必ず行ってください(リンクはページリンク可)。ご不明な点はお問い合わせください。

Copyright© オレンジセキュアサービス株式会社 All rights reserved.
東京都千代田区神田佐久間河岸70 第二田中ビル 5 F
ウイルス駆除、データ復旧、データ消去、サーバ・ネットワーク・セキュリティ構築、保守・代行サポート
出張エリア : 東京・埼玉・茨城・栃木・群馬・千葉